忍者ブログ
it's my time to shine
| Admin | Res |
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[133]  [131]  [132]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123
 
Barcelona, Spain:
Buenos Aires, Argentina:
        
   
[PR]
2018.10.16 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        
   
レッツ備忘録
2009.10.08 (Thu)
読了メモメモ。


思考の補助線:茂木健一郎

茂木さんの本って、本屋にいくとだいたい「脳にいいことだけをやりなさい☆」とか「ナントカ勉強法」みたいな本しかないし、テレビではニコニコ笑いながら脳を持ってて、たまに「この感覚は脳のこの部分をつかってるんですよ」と説明しているわけだけど、それらはぜんぶお仕事のためのフェイクな茂木さんであるんではないかなと、この本を読んで思いました。
本当はもっとパンクな人であると。笑

彼のなかでいちばん許せない部分は、学問の分野が細かく専門化しすぎてしまったことで、ひとりでひとつの分野さえカバーすることが出来なくなってしまったことなんだそうです。茂木さんが脳科学者であっても、自分の専門分野以外のことを深く知ろうとしても情報が多すぎるんだとか。
特に思想界で知の断片化が進んでしまっていると茂木さんは嘆きます、そう、この本ではずっと嘆いてるんである。鼻息荒く「もっと世界全体を引き受けたい」と書き付ける茂木さんの前には、相当険しくて長い道が開けているんでしょう。おお、おそろしい。

しかしそんな一方で、世間は「分かりやすい本」がベストセラーになったり、頭を使わない娯楽が増えたことで、世の中を簡単に区別したがる傾向にあるのだと言います。必死に頭をつかうことで得られる脳内快楽は、そんな単純な世界の比ではないし、そもそも人間は快楽主義者なのに、そんな傾向になるってどないやねん!とここでも息巻いています。たぶん、そういう感覚が茂木さんに「ナントカ勉強法」を書かせたのでしょう。ともかく知る楽しみを分かって欲しいという主張があるから、研究者として自分の世界に引きこもらず、めんどうなテレビの世界にも出てるのではないかしら。
とりあえず、だいぶアツイひとだと分かって良かったです。笑 読むの疲れたよ!


31R95CFFBTL._SL135_.jpg
「わからない」という方法:橋本治

橋本さんは、これが初です。内田樹さん経由でものすごく体力のあるひとだというのをきいていたのですが、ホントでした。ぜいぜい。
橋本さんは著作にさまざまなジャンルがあり(元々イラストレーターで小説家になり、編み物の本まで書いてしまったそうです)、なぜそんなに多くのジャンルをこなせるのかというと、それは「わからない」ことを「わかろう」とした結果なのだ、といいます。
「わからない」をスタート地点とすれば、「わかった」はゴールである。スタート地点とゴール地点を結ぶと、「道筋」が見える。「わかる」とは、実のところ、「わからない」と「わかった」の間を結ぶ道筋を、地図に書くことなのである。(12)
これだけみると当たり前のようですが、世の中にはすぐに「わかった」というゴール地点にいきたがる人がおり、結局は「正解」だけを集めて何がわかったかをわかっていない、つまり何もわかっていない状態になってしまうのだと。これと同様に丸暗記という行為も「身体性をともなわないもの」として橋本さんは(゚⊿゚)イラネと言ってるわけであります。

実際に男性に向けて編み物を説いた本や、枕草子を現代語訳(それも女子高生風に)したときのエピソードで、どう「わからない」を「わかる」に変えていくかを説明してくださるんですけども、くどい。かなりくどい。笑 なぜかというと橋本さんの設定した「わからない」は本当に何にも知らないという意味なので、小学生に分からせる勢いのしつこさがあるわけです。そして、そのしつこさを甘くみちゃいけないぞーと頭でっかちなひとに注意しています。
「わからない」とは、たとえば、「人に”小学生になる必要”を教える事態」である。それを「いやだ」と言う人はいくらでもある。「自分の積み上げて来たものをわざわざ解体する必要なんかない」と思う人達はいくらでもいる。そんな人達にとって、「過度のわかりやすさ」などというものは、不必要で不愉快で拒絶したいだけのものなのである。(95)
マニュアル通りでなく、自分で経験したものとして培うことで身体的に「わかる」。これをやるには、体力がいります。だけどそうやって経験してみることで、見慣れたところに新しさを発見できるそうです。現代人は怠けてばかりいて!と橋本さんも思ってるのかも知れません。
んで、そうやってしつこく粘り強く挑戦して、出来上がった枕草子の現代語訳はコレ。
「夏は夜よね。月のころはもちろん。闇もねェ・・・・・・。蛍が多く飛び交ってる---あと、たった一つ二つなんかがぼんやり光ってくのも素敵」
なんか楽しそうですね。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
my pages
たんぶらー
not milky

ついったー

プロフィール
HN:
Kana
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1987/04/22
自己紹介:
南国でむくむく育った宮里藍似
お絵かきとスポーツ観戦が趣味です
どうにかこのふたつがくっついたことができやしないか模索中。
音楽もこっそり聴いてます
趣味の詳細はこちらをクリック
最新コメント
[05/17 kenny]
[05/11 れい]
[04/22 kenny]
[03/08 チヨ]
[03/03 あさむ。]
リンク
やきゅうお友達

恋のフィルダースチョイス
ロッコロッコこんにちは
愛があれば大丈夫!

おふ友

Hi Strangers!


[tennis]

デルポファンクラブ副会長、シトロさんのすてきなブログ
citron tennis

ココの住人になればATPがぜんぶ分かる!
Mens Tennis Forums

試合観なくてもココ読めばOKな英語ブログ
Forty Deuce
New Balls, Please




[football]

カタルーニャ2大スポーツ紙
Sport.es
El Mundo Deportivo

英語ブログでバルセロナ☆
Total Barca
FC Barcelona 2010

イラストでバルセロナ☆
GOLSUD.COM

Foot! WEB
気になるあそこの天気
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
バーコード

Powered by Ninja Blog    Photo by Rain drop    Template by TKTK-blog
Copyright (c)Painting Ball-Shapes All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]